Page: 1/5   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
日本の権力層の冷血無惨な精神構造:陰陽未分化非合理衝動+利己主義的父権主義:国学神学イデオロギー

日本の権力層の冷血無惨な精神構造:陰陽未分化非合理衝動+利己主義的父権主義:国学神学イデオロギー

 
JUGEMテーマ:学問・学校

テーマ:総て出鱈目日本の元凶ヤハウェ父権自我悪魔
 
以下の記事で、転載したような、アベコベ(安倍媚米)氏の欺瞞性が暴露されている。これは、特に目新しいことではない。日本の権力層の典型的な欺瞞・ペテ ン師のパターンであり、ただ、状況やアベコベ氏個人の「父権主義」(いちおう、カギ括弧をつけておく)とタカ派性によって、極端になっているのである。
 簡単に言えば、口と腹のまったく違うこの欺瞞の精神力学が問題であり、その分析は既述であるが、再度究明したい。
 簡単に言えば、倫理性、道徳心がないということに尽きるのであるが、その力学構造を明らかにする必要はある。
 これまで、私は父権主義的精神でそれを説明してきたのである。これは、端的に利己主義なのである。
 しかし、問題は利己主義でも、自覚した利己主義、意識した利己主義ではなく、無意識の利己主義であるのが、問題と言える。本人は、至って、自分は正当であると考えているに違いないのである。
 私は父権自我は、これまで、優越、妄想・狂信、独善、等々と形容してきた。これは、PS陰陽論から言えば、極大化した陽の性質と考えられるのである。
 以下の参考の記事は去年のものであるが、そこでは、日本父権主義のベースに母権極の非合理性があると述べている。それが無意識に働いているということである。
 この考え方を自分で書いておきながら、忘失していたが、今思うに、それなりに妥当するように思う。
 しかし、今の時点で新たに考えてみると、どうも、原点の未分化様態が無意識のうちに作用しているのではないだろうか。陰陽未分化と父権自我が結びついているのである。陰陽未分化は神的衝動をもっていて、利己主義の父権自我を狂信・独善・妄想化させるだろう。
 だから、日本権力層は、自分は正義でありと感じ、他者の声に耳をかさず、平気で売国行為に励むのである。
 簡単に整理すると、陰陽未分化の宗教的衝動と利己主義的父権主義の融合が日本支配権力層の精神構造にあり、そのために、まったく不合理・非合理・不条理な売国亡国行為を行ってしまうのである。
 これは、私見では、明治維新の国学神学イデオロギーが基礎としてある精神構造である。
 以上、素描である。

追記:では、解決策は何であろうか。思うに、日本国民にも類似した精神構造があると考えられるのである。
 だから、国民の精神革命が必要である。
 結局、自己の陰陽未分化の非合理衝動を生むものを「合理」的に捉え直す必要があるのである。
 結局、植物体の精神、氣の精神に回帰する必要があると考えられる。
 氣の精神を明確にもつことで、根源の陰陽未分化精神は、「合理化」されるのである。
 やはり、日本父権主義はヤハウェと通じるように思う。日ユ同祖論である。


2013/11/08 : 政治・権力・陰謀 : 今、日本は開国以来、最大のクライシス(危機)を迎えている。 安倍晋三や竹中平蔵たちが率いる現政権は、日本史上最悪の亡国政権になりかかっている。 最悪というのは、小泉政権をはるかに超える“亡国度合”を持つという意味である。

だが・・、安倍晋三には日本を守る気持ちはなく、国民資産をただ同然に多国籍企業に売り渡すことしか念頭にない。

だから・・、
TPPに舵を切っていて、愛国者は絶対にありえない。
国家戦略特区を推進していて、愛国者は絶対にありえない。
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-6995.html
 

『文殊菩薩』




参考:(尚、以下、強調は本稿のために行った。)

2012年06月09日(Sat)

再考:日本民族における母権と父権の極性:父権的傾斜と母権的均衡

私は既述のように、日本民族は、ベースは母権的民族で、それに父権的民族が進入して、両者が混淆して、形成されたと考えている。母権的民族は、沖縄・アイ ヌに残ると考えられる縄文的民族と、中国から移動した弥生的民族と、ツングース系民族、他である。父権的民族は、いまだよくわからないが、中国からやって きた民族ないしは失われたイスラエルの十支族やその他である。
 母権的民族と父権的民族の混淆で著しい例は、古代ギリシアである。それは、ギリシア神話に見事に表現されている。
 そして、日本民族の混淆はやや性質は違うものの、ある意味で類似していると考えている。
 問題点は、混淆の性質である。思うに、三種類のパターンが考えられる。即ち、

1)母権的傾斜型
2)父権的傾斜型
3)母権・父権的均衡型

の三つの型である。
 日本民族文化を考えたとき、この三つの様態があるように思われる。
 とまれ、確認すべきは、母権極と父権極があり、この極性の陰陽的様態において、日本民族文化を見る視点である。
 言い換えると、初めは、母権的民族が存在し、その後、父権的民族が到来して、後者が支配的になったが、時代が経つにつれて、両者が混じり合い、母権/父権的極性的民族・文化が形成されたと考えられる(仮説)。
 私がアニミズムと機械・物質文明の連続性について述べたが、そのとき、自我は弱いと述べた。その意味はこの極性的様態から考えるべきである。つまり、ス トレートな父権主義ではなく、母権的極性をもっている父権主義なので、自我が、純粋父権主義の自我から見ると、「弱い」ものとなるのである。しかしなが ら、「弱い」とは言え、父権極的自我は存在するのである。
 とまれ、アニミズムと機械・物質文明の連続化は、ベースにある母権極にアニミズムがあり、それが、「弱い」父権的自我を介して、機械・物質文明と繋がったと考えられるのである。
 ここで、明治維新以降の「近代化」を考えると、そのような精神様態をもつ日本人であるから、近代合理主義は、欧米のものとは当然、異なるものとならざるをえない。
 つまり、西洋における近代合理主義は近代的自我(デカルトのコギト)と結びついたものであるが、日本の場合、近代的自我は、独立したものではなく、ベースの母権極のために、半近代的自我にならざるを得なかったと考えられる。
 そう、母権極の非合理性(アニミズム等)があるために、近代合理主義は、形式的なものとなり、非合理性によって歪曲されたものとなったと考えられるのである。
 明治維新以降の日本支配層は、私説では、父権主義であるが、今述べたように、非合理性をもつので、欧米の合理主義文明が非合理性によって染められたものとなったと見ても、間違いではないだろう。
 導入された「近代合理主義」、機械・物質文明は非合理性によってねじ曲げられて、無分別に、盲目・狂信的に戦争の道へ進み、「太平洋戦争」の大惨禍を引き起こしたと考えられる。
 また、戦後であるが、この非合理性をもつ父権主義は当然、清算されずに存続したのであり、それは、米国をいわば宗主国とする植民地・属国的日本をもたらしたと考えられる。
 また、敷延すれば、原発の林立も結局は、この非合理性をもつ父権主義のしからしめるものと言えよう。
 これも持論であるが、明治維新は母権的勢力を父権的勢力が制圧して生まれたものである。坂本龍馬、西郷隆盛らの母権的勢力が弾圧され、力を失ったのである。
 近世・近代の母権的勢力であるが、上述から見ると、非合理性をもつのではないかと言われるであろう。確かに、非合理性をもつが、実は、その非合理性に徹 しているので、非合理性の「理性」をもつ文化をもっているのである。それが、東洋・日本的身体文化、肚の文化である。つまり、近世・近代の母権的勢力は、 伝統的な東洋・日本文化を体現していた勢力であり、新たな西洋の知見をもった文明的勢力であったと考えられるのである。
 だから、母権的勢力とは実は、母権極/父権極の均衡性をもった勢力でもあったと言えるのである。そして、そこにこそ、正統な日本の未来があったと言える のであるが、残念ながら、父権的勢力が支配して、非合理衝動である過信・盲信・狂信、慢心・傲慢、狂気・妄想、攻撃衝動のために、自暴自棄の自滅の道を 辿ったのである。
 その今日的帰結が、福島第一原発の爆発による放射能汚染地獄であり、日本の経済を破滅させようとする民死倒の政権である。
 日本父権主義は、自己の基底の非合理性を確認できないために、不合理極まりない、悪魔的に利己主義的な方策・行動・態度をとってしまうのである。
 この日本父権主義の型は国民にも蔓延しているのであり、日本民族国家のいまや衰亡の瀬戸際にあると言えるのである。
 とまれ、以上から私が新母権主義を提唱する理由がいくらかはお分かりになれたのではないだろうか。
 最後に何故、母権主義に個があり、父権主義は没個であるのかを説明したい。
 つまり、母権主義は肚=魂を基底にするために、自我との意識的極性が形成されるために、他者と自我の均衡という個が形成されることになるのであるが、父 権主義は肚=魂が無意識であり、賦活されないので、その無意識の衝動に支配されてしまい、自我は独立せずに、なんらかの力に支配されるのである。故に、没 個なのである。

追記:上記の三種類の型であるが、結局、1の母権的傾斜型と3の母権・父権的均衡型は極性論理のために、一致することになるのである。

追記2:日本父権主義の非合理性が元凶のように述べたが、それは不正確である。非合理性と同時に、父権主義のもつ同一性・自我主義(利己主義)も極度の不 合理性を引き起こす重要なファクターである。もっとも、同一性・自我主義は、本来、純粋悟性に関わり、合理主義精神に関係するのであるが、日本父権主義の 場合は、その封建的権威意識が強力なために、同一性・自我主義に関係する合理主義精神の形成がはななだ未成熟であると言えよう。
 それに対して、西洋の場合、イタリア・ルネサンスや宗教改革(プロテスタンティズム)等によって個の覚醒があるために、父権主義の同一性・自我主義は、封建的権威主義を脱した為に、合理主義精神に繋がったと考えられるのである。


追記3:非合理性として、アニミズムをあげたが、当然、シャーマニズムも入れていいのである、そう、というより、入れるべきである。

**********************

魂と自我の結婚:魂の闇と自我の光:闇と光の螺旋結合
テーマ:二つの日本:父権的日本と母権的日本

以下の先に書いた叙述と参照の叙述は齟齬を来しているので、整合性のある説明が必要である。後で、考察を行いたい。

**********************

母権主義と父権主義:魂の意識と自我の意識
テーマ:二つの日本:父権的日本と母権的日本

私が説く母権主義と父権主義は女性主義と男性主義ではない。母権主義は、男性においてもあるし、父権主義は女性においてもあるのである。
 母権主義と父権主義は人間の根本的な質的差異を意味する。前者は魂を基底にしているし、後者は自我を基底にしているのである。
 日本人は母権主義と父権主義の混淆であると考えているが、明治維新以降、後者が支配的になり、前者が抑圧されたと考えられるのである。
 とりわけ、戦後の米国による一種の植民地的支配によって、日本の母権主義は否定されて、日本民族は衰滅の危機にあるのである。
 そう、母権主義とは、個に基づくのである。もっとも、正確に言えば、自我の基礎にある魂に基づく個である。
 父権的集団主義に染まって、母権的個を埋没させているのが、現代日本人である。

参照:

アニミズムと機械・物質文明
テーマ:PS理論:プラトニック・シナジー理論
resurrection
neomanichaeist resurrection

アニミズムと機械・物質文明4:両者が日本人の精神において結合しているとすると、問題は厄介であるが、PS理論によってこの問題を解明している。即ち内 面の魂と近代科学・技術の切断。両者が不連続であることを日本人は認識する必要がある。 両者の無意識の連続体が日本人を束縛している。擱筆
9分前 お気に入り 返信 削除
»
resurrection
neomanichaeist resurrection

アニミズムと機械・物質文明3:無意識の受動的魂と近代科学・技術が、日本人の精神において、結びついたというのは確かに考えられることである。故に、「浜岡原発反対氏」(仮称)が指摘したことは正鵠を射ていると言える。
15分前 お気に入り 返信 削除
»
resurrection
neomanichaeist resurrection

アニミズムと機械・物質文明2:日本人の場合、デカルト的自我は希薄である。端的に言えば、自我は弱い。おそらく、内面の魂の側面が作用しているのであるが、無意識である。おそらく、この魂の受動性が、近代科学(物質科学・技術)と結んだのではないのか。続く。
18分前 お気に入り 返信 削除
»
resurrection
neomanichaeist resurrection

アニミズムと機械・物質文明1:先に、両者通じるというコメントを戴いたので、答えたい。 アニミズムは魂の感覚に拠る。機械・物質文明は、当然、近代合理主義を前提にする。本来、デカルトの自我=存在があるが、日本の場合、それが欠落する。続く。


»
resurrection
neomanichaeist resurrection

狂気の複合権力。日本民族は母権民族と父権民族の混合。古代は前者がベースで後者と結合したが、江戸時代で衰退し、新父権と新母権が生成した。明治維新は 後者に拠るが前者が権力を簒奪し、父権封建的中央集権国家を確立するが、優越妄想独善狂信のために戦争で破滅、そして、今日、福島原発事故で、

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-10875456067.html

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11271794452.html

http://protophilosophy.noblog.net/blog/m/11349285.html INNOVATION OF PHILOSOPHY



参照:toxandoria氏は、アベコベ(安倍媚米)政権の精神力学的問題点をごてごてしているが、捉えてい

http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20131105/p1

toxandoria

toxandoria

『toxandoria の日記、アートと社会』
| sophiology | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日はお釣りが222円であった:合計は778円:三千世界が出た!

今日はお釣りが222円であった:合計は778円:三千世界が出た!


テーマ:日水湖宮(ひみこく);新国名:水瓶座時代

今夜も先のスーパーへ行って買物をしたが、合計778円、惜しいなぁーと思ったら、千円出して、お釣り、222円であった。また、揃い踏みである。
 車のナンバーも1000を見た。また、私の誕生日に相当する1113のナンバーもあった。
 思うに、先の777円以前に一度777円が出たことがあるのである。それはどこのスーパーだったか。
 とまれ、総体では運気がいいのだろう。シンクロニシティが生じるときは、うまく行っているときといわれるのである。引き寄せとも言える。

追記:今気づいたが、出した1000円と車のナンバー1000は一致する。
 直観では、その他に1000が生じて、結局、三千世界の大掃除、大峠になるのではと思う。

追記2:3つ目の1000が身近にあった。

ダヴ1000フェイスギャラリー - Dove.com



Resurrection : ヤポネシア、夜明けと目覚めの光楽:太陰イデア論と心智学(psychosophy)


追記3:なんと、洗顔料である。
三千世界の大洗濯でもある。
そして、ダヴはハトであり、それは、聖霊を意味する。
聖霊の時代。(追記:語呂合わせをすると、聖霊は洗礼。洗礼は洗濯。そして、洗礼=千霊は千と千尋の神隠し?千と千尋の神隠し - Wikipedia  とまれ、千と千尋で千と千である。また、千である。千のシンクロニシティである。センクロニシティ? サンタクロース、クリスマス。クリスマスはキリス トで、聖霊と関係する。これで、戻った。そう、また、クリスマスは太陽のお祭りである。太陽はサン、3である。サンと千。三千世界・・・ 追記2:千と千尋の神隠しは、湯屋の話であり、洗う話であり、また、顔無しが出てくる。洗うと顔で洗顔であり、ダヴ1000と結びつく。我ながら、凄いシンクロ、引き寄せである。

ダヴ1000フェイスギャラリー - Dove.com

japan.mydove.jp/1000face/ - キャッシュ
1000人の女性の最高の笑顔をプロのフォトグラファーが撮影するスペシャルイベントを
開催。ダヴの新しい洗顔料で、自分だけの本当の美しさに気づいてみませんか?


4246

freett.com/slicer93/0-jw-space-4246.html - キャッシュ
今度の大洗濯は人類始まって以来であり、ww気簑席人寮鐐茲里茲Δ幣さなものでは
ない。 (上つ巻 ... 世界中大洗濯する神なので、理解するには大変です。 (下つ巻 ...
日本や世界はおろか、3千世界の大洗濯なので、神の云うとおりにするほかありません。


参考:

シンクロニシティはなぜ起るのか - シンクロニシティの世界へ

シンクロニシティが持つ大きな特徴のひとつに導きの要素が挙げられる。
         精神世界から発せられた導きに従うことによって、自分の運命の方向性が決まること
         もあるだろう。

         シンクロニシティはきわめて個人的な体験であり、それによって示めされる事柄はき
         わめて明確だ。
         こう考えれば、人生の節目で標識のような役割を果たす現象があっても不思議ではな
         いだろう。
         それに従うか従わないかは個人の判断に委ねられている。

         人間の一生には必ずテ−マがある。それに気づこうと気づくまいと、テ−マは歴然と
         して存在する。
         このテ−マという言葉はモイラ(天職)に置き換えることもできるだろう。
         一生におけるテ−マ、あるいはモイラが何であるのか。
         そのヒントを与えるのがシンクロニシティ現象である。

           ※ このようにフランク・ジョセフは述べています。
            シンクロニシティには何らかのメッセ−ジがあるようです。
            そして、そのメッセ−ジを解き明かすことにより、生まれてきた意味、
            人生の進むべき道が分かるのではないでしょうか。
            まさに天啓と言ってもいいでしょう。

         シンクロニシティによってチャンスをつかむ人が多いことも忘れてはならない。
         シンクロニシティとは人生の指針のようなものだ。自分の感情に正直に行動し、日常
         の出来事を感じたままに受け取ろうとすれば、どんな些細なことでも意味があること
         が分かる。
         大切なのは自分にとって意味のある偶然を見逃さないことなのだ。

            ※ 意味ある偶然 シンクロニシティは偶然を装い必然的に訪れます。
           そして私たちチャンスを与えてくれます。
           そのチャンスを受け取り進むことが大切なのではないでしょうか。
時代や時を超越していつも一緒に
いる、ソウルメイト(魂の伴侶)の
存在を、あなたは信じますか?
意味ある偶然は出会いも提供します。



           b シンクロニシティ・カテゴリ−17分類

         ここでは、シンクロニシティのカテゴリ−について説明したいと思います。
         フランク・ジョセフはシンクロニシティを17に分類しています。

         1 物品
           人工・自然に関わらず、物体に関連して起る現象。
         2 数字
           特定の数字の組み合わせや、同じ数字が繰り返し目の前に現れる。

参照:

出口王仁三郎 三千世界大改造の真相

●“艮の金神”は、肉はおろか、牛乳をはじめとする乳製品さえ否定している。また、身につける物として、獣の皮を多く使用していることを厳しく批判している。(中略)
 動物を殺し、その死骸の皮を剥いで作ったものを身につけることは、明らかに神意に背くだけでなく、その人の霊性をも落とす。(中略)
 王仁三郎自身も、『神霊界』に次のような論稿を載せている。

 肉食のみを滋養物として、皇国固有の穀菜を度外する人間の性情は、日に月に残酷性を帯び来たり、ついには生物一般に対する愛情を失い、利己主義となり、且つ獣欲益々旺盛となり、不倫不道徳の人非人となって了うのである。

●行とは生活そのものであり、中でも正しい食生活の実践ができていれば、特別な身魂磨きの行などは必要ないのである。そのことが、『日月神示』に、次のような表現で示されている。
「神の国のお土踏み、神国の光いきして、神国から生まれる食べ物頂きて、神国の御仕事している臣民には、行は要らぬのざぞ」

霊性が上がれば、必ず穀物菜食に自然と改まるものだ。それは、穀物菜食を好む身魂のこまやかな波長が、高級な神霊の世界と交換交流するためである。だから、霊的(宗教的)指導者で、その人物がどの程度の霊性の身魂かを見分けるのは、至極簡単である。その人が平素、何を食い何を飲んでいるかを知ればいい。
 少しでも肉食をしていたら、その人は指導者の器ではない。酒、煙草も不可である。これからの指導者は、正しく神気を受けることのできる身魂の者でなくて はならない。今まではまだよかったかも知れないが、これからは、肉・酒・煙草を血液に混入させる者は、神気を受けられないから、駄目である。http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen30.html

参考2:
| sophiology | 02:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本父権主義粉砕と日本女性解放:心の怯えと因循旧慣墨守:日本女性の心のアンシャンレジーム


日本父権主義粉砕と日本女性解放:心の怯えと因循旧慣墨守:日本女性の心のアンシャンレジーム


テーマ:二つの日本民族:母権と父権:日本古代史

私はそれなりに外国(東洋であれ、西洋であれ)の女性と実際であったり、メールであったり、接する機会がある方であるが、どうも、日本女性の社会的姿勢には問題があるように思えてきた。
 今日の外国の女性は自立できていて、積極的で、実に明朗である。物事を率直に言うのである。明快である。
 それに対して、日本女性は、なにか不明朗、消極的、コミュニケーションを積極的にもとうとせずに、日常の型に留まろうとするように思えるのである。(追記:あるいは、逆に、自己中心的に傲慢であったりするのである。)
 そう、一言で言えば、勇気が欠落しているのである。個としての自立・独立が欠落しているように思えるのである。
 つまり、集団的発想で動いていて、自ら未来を切り開かない姿勢に見えるのである。
 もっとも、それにあてはまらない積極的女性は当然、いるのではあるが、少ないと思う。
 この問題はさらに考察する必要がある。何故なら、日本未来に関して、重要な問題を含んでいると考えられるからである。

追記:当然、男性にも問題があるだろう。一言で言えば、父権主義が支配しているのである。父権同一性主義である。

追記2:女性の心が自由に開かれていないのである。個として、心が開かれていず、なにか屈折している。
 そう、臆病である。新しい経験を恐れているのである。新しい経験に怯えているのである。
 保守化というより、閉鎖・閉塞化である。因循である。
 日本人は心的革命が必要である。心の閉塞が今日の狂気の支配構造を生んでいると言えよう。

追記3:さらに推測するに、今日、太陰的個が目覚め始め出している時代であるが、それに対して、戦後唯物論に洗脳された旧い日本人がその目覚めに抵抗しているように思えるのである。そのため、単に、閉鎖閉塞的のみならず、うつ病等の心病になったりするのではないだろうか。
 太陰個の目覚め、肚的個の目覚め、これは、古代的ルネサンスになるのである。
 
| sophiology | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
欺瞞のマスコミの終焉と個によるミクロメディア・ネットワーク新時代へ
欺瞞のマスコミの終焉と個によるミクロメディア・ネットワーク新時代へ

テーマ:言論/ネット規制弾圧:メディア問題

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)/創元社

¥1,575
Amazon.co.jp

(181件のカスタマーレビュー ) Like (802)

本書を読了した。高校生でもわかるように書いたとあるが、中学生、小学生高学年でも読めるだろう。
 明快平易な文体である。
 とまれ、戦後暗黒史とでも呼べる著書である。確かに、米国隷従派に対する自主独立派の系譜は光明であろうが、今や闇が最深である。
 この本について、屋上屋を架すこともあるまい。
 そこで、今は簡単にマスコミについて問題提起したい。
 私はマスコミ、とりわけ新聞の社説には、高校生くらいから、その欺瞞さに憤っていた。
 それなりに、その欺瞞力学を分析もしたが、今一度確認しよう。
 (そう、洗脳する役割はそうであるが、それ以前にマスメディアのもついかがわしい欺瞞について哲学するのである。)
 (具体例があるといいのだが、今は抽象論で述べる、)マスコミが、世論を代弁するというあり方が欺瞞であるが、何故、それが欺瞞なのか、である。
 つまり、マスコミという組織を作っている個々人がいるが、それとは別に、世論を代弁するという仮構・虚構によって、社会的道徳を述べているのである。
 果たして、マスコミに世論が代弁できるのか。世論は何なのか。一つなのか、複数なのか。それともあるのか。
 もし、世論があっても、マスコミが代弁できるのか。
 マスコミという組織はある利益集団であり、ある階層的集団であり、必ずしも、社会全体を代表していない。というか、極く、偏った階層による組織であるマスコミには、社会を代弁することは本質的にできないと考えられる。
 マスコミ利益特定階層集団というバイアスがあるのであるから、世論を代弁することは不可能である。
 だから、世論を代弁して語る社説は欺瞞的で、胡散臭いのである。
 マスコミ利益特定階層集団組織であるから、その利益に偏した報道するのは、目に見えているのである。
 ということで、マスコミは、偏向した報道機関であり、公正な報道機関ではありえないのである。
 以前述べたと思うが、マスコミを解体して、ミクロコミにならないといけない。個=ミクロコスモスから始めて、個の共振(連携)による公正なメディア・ネットークを形成すべきと考えられる。
 そう、結局、心あるブログ等がそれに近いものを行なっていると言えよう。
 とまれ、マスコミの終焉であり、ミクロコミのメディア新時代である。

追記:マスコミの欺瞞力学であるが、これは、無双陰陽原理からも説明できる。即ち、陰という存在と陽という意識の対立が存する。
 陽という認識は世論、良識の代弁である。しかし、マスコミという特定階層の利益集団という存在があるのであり、その存在力学が意識・観念を支配しているのである。
 陽=頭より、陰=肚(存在)の方が強いのである。思えば、マルクスは存在が意識を規定すると述べたが、私の意味なら、まったくそれは正しい。
 しかし、マルクスの存在は外在的存在である。私の言う存在(肚、陰)とは、内在的存在が根本である。
| sophiology | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
# 金融ユダヤの皆さん、大政翼賛会復活?w露骨すぎるでしょ、これって?www # 不正選挙が行われた可能性が高い その3 # 不正選挙が行われた可能性が高い。 その2 # 不正選挙が行われた可能性が高い。 その1


| sophiology | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
<予想通りの不正選挙><不正選挙を暴きこの選挙を無効にせよ> 予想通り不正選挙がなされたらしい。 多くの人は違和感を持っているだろう。 そして選挙管理委員会がまったく開票のデータを マスコミに提供していないで 産経新聞が、都知事「当確」自公で300超の 報道
 2012/12/16 20:35

<予想通りの不正選挙><不正選挙を暴きこの選挙を無効にせよ>

予想通り不正選挙がなされたらしい。

多くの人は違和感を持っているだろう。

そして選挙管理委員会がまったく開票のデータを
マスコミに提供していないで
産経新聞が、都知事「当確」自公で300超の
報道をする。
根拠は予想通り「出口調査」といっている。
出口調査だけで確定などうてるわけがない。

これは徹底して
暴かないといけない。

われわれは
以前
似たようなことを経験した。

それは、小沢裁判である。

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」 


投票場は、混雑してた! (12-16)

大混雑


投票率低下はうそやろw

大混雑で誘導できずに何列も連なって
おっさんおばはんは
誘導員に当たり散らす始末。

そんなしょーもないことでキレる元気あるんかよ。

ここらの民度がよくでますわww


誘導員のおっさん

「いつもガラガラやのにこんなことはじめてです、びっくりした!」

て、おんなじこと10回ゆうとった。



うちの投票箱鍵かかってませんでしたーー

かかってへんやん!ゆーても無視でしたーー

http://blog.livedoor.jp/catnon_tora-manmarumarunyan/archives/51399136.html


きのこちゃんも、
朝一で投票にいきまいた!

大混雑!

カギが一個しかかかっていないので、
おかしい!写真にとる!ゆーたら、
おかしくない!写真もとったらだめ!
選挙管理委員会に聞け、
と言われました。

で、聞きました。

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 


| sophiology | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
「安い」「クリーン」「地方再生」の三拍子 小沢構想「卒原発」これが切り札だ! 【政治・経済】 楽天SocialNewsに投稿! Yahoo!ブックマークに登録 2012年12月15日 掲載 原子力ムラ、大メディアが“封印”する最新技術 「脱原発は絵空事だ!」「卒原発なんてできるわけがな
 

「安い」「クリーン」「地方再生」の三拍子 小沢構想「卒原発」これが切り札だ!

【政治・経済】

楽天SocialNewsに投稿! Yahoo!ブックマークに登録
2012年12月15日 掲載

原子力ムラ、大メディアが“封印”する最新技術

「脱原発は絵空事だ!」「卒原発なんてできるわけがない」――。今回の衆院選、“原発推進派”の多くは“脱原発派”を批判し、発電コスト高などを理由に 「脱原発は現実的ではない」と切り捨てている。だが、本当にそうなのか? 脱原発は非現実的なのか。答えは「ノー」だ。

 メディアは一切報じないが、実は原発に代わる画期的な「発電システム」がもうすぐ日本で完成しそうなのだ。

 三菱重工など国内重電メーカーが開発した「超臨界圧石炭火力発電システム」などと呼ばれる技術がそれだ。未来の党の小沢一郎が、卒原発の“切り札”として構想を温めてきた。この発電方法、とにかく「スゴい」のひと言だ。

「簡単に言えば、石炭を使った火力発電ですが、従来の石炭発電とは、まったく違うシロモノです。石炭をガス化した燃料ガスと蒸気を使ってタービンを回すこ とで、ネックだったCO2やススの発生を大幅に抑制することに成功した。さらに、水分が多くエネルギー効率の悪い『クズ炭』と呼ばれる国内炭も効率よく燃 やせる。この発電システムを使えば、国内炭だけで100年以上の発電需要を賄えるといわれています。原発をやめてこのシステムに移行すれば、100年かけ て自然エネルギーの研究ができるわけです。原発推進派は『原発をゼロにすれば雇用が失われる』と言うが、この方法なら、閉山された各地の炭鉱がよみがえ り、地方の活性化にもつながるのです」(経済ジャーナリスト)

 この発電システムは、電力9社と電源開発(Jパワー)が出資する株式会社「クリーンコールパワー研究所」(福島県いわき市)が5年前から研究を開始。ほぼ実験段階を終え、来年4月に商品化される。クリーンコールパワー研究所の担当者がこう言う。

「CO2排出量は従来比20%減で、環境汚染物質もかなり低減できます。石炭なので原価も安く、発電コストは1キロワット時あたり40円台の太陽光に対 し、たったの5〜8円しかかかりません。実験用では発電量25万キロワットですが、実用化後は、50万〜60万キロワット(原発は1基100万キロワッ ト)になります」

 原発立地地域への交付金も含めた原発のコストは1キロワット時あたり10円超ともいわれるから、実に半額で済む計算なのだ。

 この技術には世界中が注目している。欧米諸国や東南アジアの関係者がひっきりなしに「クリーンコールパワー研究所」を見学に訪れ、この最新システムを次々と採用。日本の重電メーカーに発注しているという。信じられないことだが、知らぬは日本の国民だけなのである。

「これが本格普及すると、本当に原発ゼロが可能になります。ただ、そうなると原発を維持したい電力会社や経産官僚は都合が悪いので、国内での情報発信を“封印”しているのでしょう。3・11以降、メディアもこの発電技術をほとんど報じていません」(政界関係者)

 卒原発は決して夢物語ではない。原発推進派のネガティブキャンペーンにダマされてはいけない。

| sophiology | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
低投票率偽装は 国民大覚醒の 大チャンス! リチャード・コシミズ's blog 2012/12/16 17:14 どこの投票所も大混雑 いつも選挙に行かない人が続々と。 多くは未来支持者 投票率、開票結果がおかしいと たくさんの声が上がる。 そしてネット検索してRKブログにたど
 


| sophiology | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
「さらば暴政 自民党政権 ─ 負の系譜」  藤原 肇 清流出版  大統領選挙を支配する不正投票のメカニズム  虚偽と権勢欲に包まれたネオコン路線にしがみつき、私欲のために国力の衰退を放置するブッシュ政権に愛想を尽かし、アメリカの有権者が民主党のオバマ候補に
 


『文殊菩薩(ブログ版)』

| sophiology | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
自民党圧勝報道を受けて、安倍自民党は既に与党気分に浮かれています。派閥の長老たちは軍資金を持って新人候補の事務所を訪れて「青田買い」しているそうで、「安倍内閣リスト」なるものも出回っているようです。「単独過半数間違いなし」と判断しているのでしょう。  安
| sophiology | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode