スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
アポロとディオニュソス:陽と陰:古代ギリシアと古代日本:陰陽結合共振:奇蹟の二つの古代文化
テーマ:二つの日本民族:母権民族と父権民族

新啓示=黙示録の時代:自我=陽=父権の民族の発狂:他者=陰=母権の民族の勃興
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11433084189.html

光は闇であり、闇は光である:「きれいはきたない、きたないはきれい」『マクベス』の魔女の言葉
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11432346716.html

超越神と太極:陽=自我=父権の民族が太極エネルギーを超越神・唯一神と捉えるだろう
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11432156704.html

アントロポゾフィーと無双陰陽原理:自我=陽=アーリマンと他者=陰=ルシファーと陰陽均衡=キリスト
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11431487047.html

以上のように考察を進めてきて、今、ニーチェが『悲劇の誕生』で説いた有名なアポロとディオニュソスについて、明快になったと直観した。
 即ち、端的に、アポロとは陽=頭=自我=父権であり、ディオニュソスとは陰=肚=他者=母権ということである。
 これは、まったく古代ギリシアの史実に合致する事柄である。即ち、古代ギリシアは東地中海の母権・女神文化民族を基底にもっているが、そこへ父権民族の アカイア民族が到来して、母権・女神文化民族を征服したのである。しかしながら、ベースの母権・女神文化民族は強力であり、父権民族はそれを根絶できず に、それと習合したのである。即ち、象徴的に、ディオニュソスとアポロの結合である。母権と父権の結合である。
 これが、古代ギリシア文化の本質であり、それをニーチェが『悲劇の誕生』でほぼ解明したと言えるのである。
 ニーチェはディオニュソスを音楽、アポロを美術に喩えたが、それは正鵠を射ていると言える。
 無双陰陽原理から見ると、ディオニュソス=肚、アポロ=頭であり、前者は聴覚的であり、後者は視覚的であるからである。
 問題は両者の結合の意味することである。
 それは、当然、陰陽共振、ディオニュソスとアポロの共振である。それは、無双陰陽原理では、気エネルギーを意味した。おそらく、ディオニュソスとアポロの共振も気エネルギーを意味したはずである。
 ルドルフ・シュタイナーは、古代ギリシアの彫刻は、人体のエーテル体を表現したものと述べているが、エーテル体とは正に、気である。気の身体である。
 ニーチェが範をとったギリシア悲劇であるが、それは、果たして、陰陽共振の芸術であろうか。
 『オイディプス王』を見ると、アポロの方が勝っていると言えよう。実母と結婚してしまったオイディプスであるが、それは、アポロ側の婚姻の法から見ると侵犯であるからである。ディオニュソスからそれをどう判断するのかはわからないが。
 また、アイスキュロスのオレステイア三部作であるが、それは、明らかに、母権と父権の闘争である。つまり、ディオニュソスとアポロの闘争である。陰と陽の闘争である。
 そして、第三部において、和解が生じるのである。それは、アポロ側の法とディオニュソス側(復讐の女神)の神格化である。
 結局、アポロとディオニュソスの和解であるが、それは、現実的には、ギリシア民主主義の肯定となるが、背景には、霊的次元があることを認識しないといけない。
 この霊的次元をなくしたのが、近代主義、近代民主主義である。
 そう、無双陰陽原理の視点から見ると、陰陽の霊的次元が古代ギリシアにはあり、近代には欠損しているということである。
 とまれ、本題に戻れば、ニーチェが説いたアポロとディオニュソスの原理とは、陰陽原理であり、両者の和解とは陰陽共振であり、調和であり、気エネルギーの形成を意味するのである。
 そう、プラトンの対話篇に感ぜられる心地よい雰囲気であるが、それは、古代ギリシア人に感知されていた気の空間ではないだろうか。
 言い換えると、古代ギリシア人は気を感じて、偉大な文化、民主主義を形成したのである。
 そして、そこから、プラトン哲学を考えることが可能である。イデア論とは何か。
 それは、当然、気の世界に関係するし、さらに、太極の世界に関係するだろう。イデア界とは先に触れたように、太極であり、イデアの型とは、陰陽共振の気の情報にあるのではないだろうか。これについては、検討課題である。

追記:古代日本について言うのを忘れたが、これは既述済みなので、簡単に言 うと、基底の三つの母権民族(縄文民族、弥生民族、ツングース系民族)と上層の父権民族(おそらく、ユダヤ民族と中国の父権民族)の結合から、古代日本は 誕生したのである。それが、記紀神話に表現されていると思う。
 ただし、古代ギリシアに比べて、ディオニュソスより、アポロに傾斜している向きがある。
 そう、日本人は、音楽より、美術に秀でている。それは、ここに根拠があるのでないだろうか。
 今はざっと言うに留めた。

追記2:上述の論は、いかにも、アポロとディオニュソスの二元論の趣があ る。しかし、それでは、ニーチェの視点と同じである。もっとも重要な点は、アポロとディオニュソスが陰陽極性を形成するということである。両者を切り離す ことができない、不可分一体ということである。不二一元論である。この両極性を理解しないと古代ギリシア文化の本質を逸することになる。つまり、古代ギリ シア文化は単に西洋文化の源流だけではなく、本質として、東洋文化であったということである。太極陰陽論が古代ギリシア文化に存していたということであ る。



参考:

古代ギリシア

古代ギリシアの民主政

古代ギリシア2

古代ギリシア - Wikipedia

男爵ディーノ_「悲劇の誕生」読解メモ

ニーチェ『悲劇の誕生

ディオニュソス的なもの”と“アポロン的なもの” - Keyword ...

アポロン的なもの と ディオニュソス的なもの - T_NAKAの阿房ブログ

アポロン(Apollon)とディオニュソス(Dionysos): ブゾーニとラバン ...

松岡正剛の千夜千冊『母権制』ヨハン・ヤコプ・バハオーフェン

母権制とはいかなる概念か

ルドルフ・シュタイナー - Wikipedia

エーテル体 - Wikipedia

オイディプス王 - Wikipedia

オレステイア - Wikipedia

アイスキュロスの「オレステイア」(芸術論02)

プラトン

第16講義「イデア論」 - ギリシア哲学への招待状

'プラトンのイデア論'とはどういったものなのでしょうか? - Yahoo!知恵袋

イデア論 - Wikipedia

イデア - Wikipedia

プラトン - Wikipedia

Plato - Wikipedia, the free encyclopedia

| sophiology | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:10 | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode